JYに関する記事

『ジュニアユースよりごあいさつ』

サッカー集合写真-FCアビエスジュニアユース

長野県茅野市を本拠地とするFCアビエスジュニアユースチーム(中学生年代チーム)です|4月から新1年生も加わりトレーニングを実施|2022(R4)度より長野県リーグ2部へ参戦|富士見高原リゾートジュネス八ヶ岳,富士見高原陸上競技場,東海諏訪高校さんグランドなど使わせていただき練習実施|2022(R4)年度もジュニアユースへのご声援宜しくお願い致します.

『ジュニアユース2021年度-卒団式(卒業会)』

FCアビエスジュニアユース卒団式(卒業会)2021年度

FCアビエス『ジュニアユース卒団式(卒業会)』を行いました.(茅野市:マリオにて)今年は16名の選手が巣立っていきます.昨シーズンを振り返る時間.とても良い時間でした.公式戦を積み重ねるたびに成長していった選手たち.トレーニグして,走って,自分とも親とも仲間ともぶつかり合った日々.結果として県リーグ昇格がはたせましたが,そのプロセスが何よりの宝物.これからますますフィールドを広げて羽ばたいていってほしいと思います.選手、保護者の皆さん3年間お疲れ様でした.

『ドラゴン桜から学ぶ生き方』

ドラゴン桜から学ぶ生き方

FCアビエスジュニアユース『ドラゴン桜から学ぶ生き方』の講座を講師の渡辺さんをまねいて実施.今までとは違った新しい物の見方、考え方をを分かち合ってくれるこの講座今回も面白かったです。勉強→目的ではなく目的→勉強(目的が先!)サッカーを楽しむことが大事だと言うけれどサッカーをたのしくやった体験がなければそれはわからない。ビジネスも勉強もサッカーも本質は同じ.サッカー好きならサッカーから学び色々な事に応用していって欲しいと思いました.

『地域密着アスリートエース栗原さんの授業』

地域密着アスリートエース栗原さんの授業

山梨県北杜市在住エース栗原さんによる地域密着アスリートについてFCアビエスジュニアユース選手に向けお話をしてもらいました。なぜエース?地域密着アスリートとは?なぜその仕事を?エースのストーリー.結果=価値ではなく存在=価値.競技でなく場所で勝負.分かち合うこと/共有することそして見える化.選手たちはエースの前向きな姿勢に刺激を受けていたようでした。苦しい時、辛い時ほどエースは前向きになる。そこにはエースの今までのストーリーがあり、大事にしていることがある。

「お金と生き方について」ワークショップ開催~FCアビエスジュニアユース~

お金と生き方についてワークショップ

「お金と生き方について」ワークショップ開催.講師:税理士渡辺剛徳さん.ヤクルト,阪神の野村監督のミーティング「どんな生き方をしたいか!?」キングダム時代の偉人老子,孔子,壮子の生き方.渋谷栄一お金と生き方自分で自分の道を歩んでいってほしい中学生にピッタリの内容。わかりやすくって感激.お金と生き方はセット.お金が全てではないけど、自分の生きたいように生きるために金は大事な道具だよね。

『食育』~FCアビエスジュニアユース~

FCアビエスジュニアユースの食育

FCアビエスジュニアユースのコロナ禍トレーニング.食べ物についての学び自分が普段命を頂き生かされていることを実感.何を食べた?食材は?誰によってどこから?どうやって作られた?選手は晩御飯一品を料理する.食べ物がある食事が出てくる当たり前を見直してみるとそこには味わう豊かさがありました。食べ物を作ること自分で体験する事選手たちの感想を見てそこがとても大事だと感じました。

韮崎サッカーフェスティバル2021

山梨県清里宿泊

山梨県韮崎市で行われた韮崎サッカーフェスティバルに参加しました。2021年12月18日,19日の2日間を清里宿泊とし、朝から晩までガッツリ試合・トレーニングを行いました。選手同士で朝から晩まで一緒に生活出来た事は良い経験になりました。