澤選手のプレーを記憶に留めるために...

日本女子サッカー界のレジェンド:澤穂希選手の引退報道をうけ、澤選手のプレーを記憶に留めるために、12月23日、(無理をして)等々力陸上競技場に皇后杯準決勝「ベガルタ仙台vsINAC神戸」の試合を見に行ってきました。
INAC神戸は、スタメンに日本代表選手9名を占める豪華な布陣で、ボランチの澤選手と伊藤選手を中心に試合を終始コントロール。ベガルタ仙台も善戦したものの、終わってみれば、2-0でINAC神戸の完勝で、決勝に進出しました。
澤選手は、精度の高いプレーを随所に見せ、動きも最後まで衰えず、どう見ても「引退」は似合わない。澤選手のプレーがもう見られないと思うと残念でしかたがなかった。
なお、ベガルタ仙台の背番号24、有町選手は福井県出身の選手。今日の試合で澤選手とマッチアップしたシーンが幾度となくあり、同じ北信越の人間として誇らしく思う。
20151223-3 20151223-420151223-120151223-2