アビエスクラブ紹介

FCアビエス チームのあゆみ

チームのあゆみ

                    
FCアビエスは、諏訪地域にシンボルとなる総合的なサッカーのクラブチームとして、男女の幼児から大人までサッカーのできる良い環境をつくり、地域のサッカーの底辺拡大に努めることを目的として、2009年に設立いたしました。
FCアビエスは、茅野チェルシー、茅野ビエント、茅野ピースウィッシュの3チームが母体となっております。
3チームが一緒になることにより、組織基盤を強化し、幅広い年齢層をカバーした一貫指導体制を整えました。

茅野チェルシー

東海三高OBにより1987年に設立。長野県社会人サッカーリーグ昇格を目指し1990年にマウンテン と合併。長野県社会人サッカーリーグ所属し、2008年度は同リーグ2位。

茅野ビエント

中学生から社会人の女性により1994年に設立。女子サッカーの競技人口拡大を目指し、2002年に U-12チームを設立。その後、U-15、U-10、U-8、レディースチームを順次設立。 地域サッカー普及のためキッズスクール、保育園への巡回指導を実践。トップチームは、北信越女子サッカ ーリーグ所属。

茅野ピースウィッシュ

35歳以上の選手で構成するチームとして2003年に設立。長野県35カップなど各種大会に参加してサッカーを楽しむ。選手としてプレーをする一方で、地元ユースチームの指導者として活躍。


      
  • クラブ員募集中!
  • パートナー募集中!
  • サポーター募集中!